忍者ブログ
2008年7月8日、七夕の翌日に設置。
1 2 3 4 5 6 7 8 9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 気付けば、かなり書いている気がします。
 風神録は思い入れの深い作品なのですが、外から越して来た三柱の神様は、特に色々と印象深いです。

 神奈子様は書くのが難しいですね。
 諏訪子様は書くのが楽です。
 早苗ちゃんは、どちらとも言えません。

 三柱の物語は、神様が関わるということもあって、下手なことは書きにくいです。
 しかし、あえて書きにくさを抑えて、かなり突っ込んだものを書きたいとも思います。

 心掛けているのは、徒に誰かや何かを、咎めないこと。
 話の性質上、咎めることに繋がるなら、相応の理由を含んで書いていくつもりです。無論、きっついものを書きたくなる、天邪鬼な私の性格もあるのですけどね。
PR
 結局、概要を使いました。

 あれだけ長々書いてどういうことだよコラーとは自分でも思うのですが、作品冒頭に注意書きを入れるのがあまり好きではないので、概要に書かせて頂きました。
 概要だと、クリックしない限りは収納されておりますし。
 シンプルなのが好きなんです。シンプルイズベスト。

 そんな訳で、またひとつ、東方創想話さんに投稿しました。
 一般書籍程度の描写を心掛けましたが、性的及び猟奇的描写があります。
 人生初の夏コミから、すでに一ヶ月が経ってました。
 その間、出来うる限り、書き進めることに努めてきました。

 意外と何とかなるものですね。
 これからも、書き進められる限り、書き進めていきます。
 何気に、多く書くことを目標としていました。
 ただ、ちょっと長くし過ぎたかなとも思っております。
 少々反省中。
 先日、テレビで映画を見ました。
 新聞のテレビ欄で、放送されることを知ったのですが、映画のあらすじについても書かれておりまして。
 あらすじって、その話の「起」から「承」くらいまでと、話自体の印象を表していますよね。本の裏表紙に書かれてたりとか。テレビ欄のあらすじも、同じように記されておりました。

 正直、読まなきゃよかった。
 例え序盤程度とは言え、テレビ放送されるくらい数年前の映画とは言え、初見であるからにはやっぱりネタバレは面食らいました。
 そこで、ふと思い出しました。
 自分の本に対するスタンスと、どこか近いと感じたからです。

 私は本を購入する時、あらすじは気にしません。
 立ち読みの時はちらりと見ますけど、そこから購入まで発展するかは、その時の気分・表紙のデザイン・タイトルなんかに惹かれて、踏み切ることが多いです。第一、あらすじの書かれていない本だって、ありますからね。

 なので、東方創想話さんへと投稿した作品、その概要を削除しました。
 今のところは、これからも概要を付けるつもりはありません。
 タグとタイトルで充分と感じるのは、古いのかな。
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
爪影
HP:
性別:
男性
自己紹介:
趣味で書く人。
フリーエリア

ページタイトル
"爪影" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]